OPMAC株式会社

English

東京都千代田区神田神保町1-13 CONVEX神保町7F
TEL: 03-3293-3331 FAX: 03-3292-2847


OPMACは国際協力へのさらなる貢献を目指して前進を続けます

OPMACは国際協力へのさらなる貢献を目指して前進を続けます

当社の業務


OPMAC株式会社

OPMAC株式会社(OPMAC)は、開発途上国における開発事業・投融資事業等に関するプロジェクトの案件形成、実施支援、モニタリングと評価、政策提言、そしてプロジェクト稼働後の経営・運営面の協力・指導というニーズに応え、国際協力に寄与することを目的として1983年に設立されました。

(OPMAC)は、開発途上国における開発事業・投融資事業等に関するプロジェクトの案件形成、実施支援、モニタリングと評価、政策提言、そしてプロジェクト稼働後の経営・運営面の協力・指導というニーズに応え、国際協力に寄与することを目的として1983年に設立されました。

その業務は開発途上国および国内にて、プロジェクト・サイクル全般にわたり、開発に関する調査、マネージメント業務と広範かつ豊富な業務経験を有しています。

また、近年は最近の開発援助の動向を反映して、民間連携・中小企業支援・参加型開発・貧困削減・生計向上・環境社会配慮といったテーマにも積極的に取り組み、加えて、提案型事業及び調査にも参加しています。

設立以来、国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)、わが国政府各省(外務省、経済産業省など)および関係機関、開発途上国政府、国際機関の案件を数多く手掛けており、ODAプロジェクトについての広範多岐にわたるノウハウを蓄積しています。

業務の対象国は、アジア全域、中近東、アフリカ、東欧、中南米の各地域に及び、業務を行った国の数は100カ国以上になります。

代表ごあいさつ

代表取締役社長 種田 博

 

OPMACの社是は、「開発 共に考え 共に歩む」です。

コンサルタントの原義である英語のconsultは「専門家に何かの問題について意見や助言を求める」(他動詞)あるいは「何かについて相談する、協議する、話し合う」(自動詞)です。OPMACは、コンサルタントとしての高い専門性と経験に裏打ちされた高品質のサービスの提供を通じて、案件形成、実施促進、評価業務という一連のPDCAサイクルにおける様々な局面で、開発事業の推進とその継続的な改善に努めています。consultの定義に戻りますと、コンサルタントには、相手側の求めるニーズを的確に把握したうえで、中長期的な視野に立ち、「共に考え 共に歩む」ことが必要とされると考えます。この意味から言うとコンサルタントに必要な能力としては、専門性はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力が求められると考えます。さらに、コンサルタントは個としての高い専門性と能力を有することは当然ですが、「チーム」としての相乗効果が生みだす土壌づくりの役割を求められることもあります。なぜなら、コンサルタントは人を通じて、人との関係の中で仕事をすることに尽きるからです。また、専門家としての見地から顧客(発注者・カウンターパート)となる相手を尊重しつつも、自らの考えや意見はきちんと伝えることが重要です。さらには、現場での仕事では、思いもよらない問題に直面したり、想定しない様々な変化が生じたりします。そうした状況においても、常にどのような対応が最適かを考え、調整し、実行していくのもコンサルタントに求められる能力の一つです。「共に考え ともに歩む」というOPMACの社是は、このようなconsultが意味する、専門性と経験に裏打ちされたコミュニケーションの大切さ、チームワークの重要性を内包する考え方といえます。

OPMACは以上のような開発問題に対する真摯なコンサルタントとして共に考え 共に歩むことのできる人材を求めています。是非一度お訪ねください。


OPMAC株式会社

〒101-0051

東京都千代田区神田神保町1-13 CONVEX神保町7F

TEL: 03-3293-3331

FAX: 03-3292-2847

Facebook:

https://www.facebook.com/opmac.japan

会社概要

お知らせ

一覧へ